やっちまった感、満載。

またやってしまいました…突発性難聴( ̄∇ ̄*)ゞ


極度のストレスと疲れかー。

ま、復職前も後も忙しいことはわかってましたが、
予定外のできごともあって忙しさに拍車がかかってたからなー。
気が張ってたものだから我ながらフットワークが軽すぎた、その反動かな。


治療がきくか、ギリギリのタイミングらしく。

安静にして家で寝てて、といわれましたが復職したてで心理的に無理なので
とにかく薬飲んで働きます。





バタバタしすぎていまのところできなかったこと。
そのうちどうにかしたい。


復職前にお友だちに会う(突発事項でアポが全部飛ぶ…)


ヘアサロン(復職前日に予約とろうとしたら、サロンは隣の店舗からの貰い火で
営業不可能に。ぬおー!!)


冷蔵庫のなかを生協の食材で満たす(生協行く時間がなかった…)



通勤用の服とか靴を買いそろえる(内勤用の靴だけ買えた。これ必須)


お気に入りの手帳を買う(今年はもうあきらめた…お店までいく時間がない。あわれに思ったらしい妹が、ロクシタンの手帳をくれたからそれでいく)


不要なものを処分する(箱につめたまま放置…)


銀行(手続き3つ!むり!)


役所(これは先日家族が代理でいってくれた。助かった…。復職後1週間以内に復職証明書提出しなさいとか、鬼の指示ですか、それ?!)


携帯電話を買い換える(そんな時間はどこにもない!手続き、なんであんなに時間喰うのかなー)



ま、でもこれ、ほったらかしでもなんとかなるし。


それよりも、1日のうち、純粋な自分ひとりの時間を30分くらい作れるといいなと。
本屋さん行きたいな。


追記。
帰りの電車乗り継ぎで10分くらい空いてる時間がどうしてもあることが判明。
乗り継ぎ、走らないで歩こう!
やったー!!
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-05-11 01:43 | Comments(0)

社畜復帰。

f0069430_15511135.jpg

約一年五ヶ月の休職を経て、社畜は会社に復帰しましたー!

残念ながら前と同じ部署には戻れなかったのですが、
同じカテゴリーなので顔見知りのひとも多く、とても嬉しい。


そんななか、前の部署から差し入れが(*≧∀≦*)


お羊羹と、栄養ドリンク…( ̄∇ ̄*)ゞ
みんな、ありがとう☆


これ、菓銘はなんだったっけ。
道明寺をつかった、定番の季節羊羹。
もっちりして美味しいのです。


社畜、がんばります(`ー´ゞ-☆
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-04-27 15:51 | Comments(0)

本格的に春。

f0069430_1073927.jpg

朝のドトールコーヒーショップにきままに集い会うおじさまおばさまたちの服装が、軽く明るい風合いに。

春だわ。

年配の男性がお召しの、インターシャののニット、
淡いベージュ地にパステルカラーのブルーやピンクやホワイトがチェックで織られたもの。
この年代のかたたちの、品と余裕のある装いは本当にすてきです。



わたしを挟んで反対側にいる、お金の香りがギラギラとたちのぼるよーな雰囲気まるわかりの会話をしているおじさま三人組もすてきです。

中心にいるごま塩あたまのおじいさまは、オフホワイトのジャケットにフューシャピンクのドレスシャツと鼈甲のメガネフレーム。
スマートフォンを片手に意気軒昂。



いいなあ。
春です。
春がきたのです。


それにくらべてわたしを含め若造どものしけたこと!

気合いをいれにゃいけんでね!!
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-04-13 10:07 | Comments(0)

あ。

hikeでなくて、hykeだった。しかも大文字。
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-04-11 13:45 | Comments(0)

例外。

ジャンプが満足に跳べたからといって、競技の途中にガッツポーズをするフィギュアスケーターを
いつもため息をつきながら、時に苦笑しながらながめていました。

それは、演技の流れをとめてしまい、それまで作り出してきた美しい雰囲気を壊してしまう、
もったいない行為だから。


でも。

あなただけは、あなたにだけは、そういう気持ちにならなかった。


あの夜中のソチ、フリー演技。
あれだけは、例外です。


回転不足でもかまわない。
そんなこと、どうでもいいの。
あのときほんとにそう思いました。
NHKのひと、泣いてたよなー。




いやー、昨夜はニュースのあと、
わたしの秘蔵フィギュアスケート画像ファイルが火を吹きました。



最初は直接見られなくてさー。
違うスケーターの演技を延々と見て。



ひとしきり眺めたあと、やっぱり見よう、と思って見ました。


ちなみに。
スケート競技を見るなら、昔からフィギュアがさかんな国の放送局がおすすめです。
アメリカ、カナダ、フランス、ロシアかなー。


(日本だと、のぶなり解説が俄然おすすめ。)
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-04-11 10:20 | Comments(0)

でっきるっかな、でっきるっかな♪

f0069430_10165786.jpg

朝のドトールコーヒー。


漠然とした疑問が沸き上がる。



そのいち。
何回か来ているこの朝ドトール。
いつもご年配の男女が三々五々集まってきてのんびりおしゃべりしてお茶している。

女の人たちはにぎやかで、男の人たちはおだやかで。

みんなたのしそう。

わたしがこの方たちと同じ年になったとき、こんな豊かな心と時間が持てるだろうか。
そして、こんなすてきなおともだちがたくさんできるだろうか?



そのに。

あと約2週間で、職場復帰なのですが。
朝こんな時間にドトってるのは、その準備のため。

えー、声を大にして言うと。
前の職場に戻りたいです!!
なぜならそこが大好きだから!!
そこに戻れるならむちゃくちゃ頑張ります!

まさに社畜…。
ええ、社畜です。


でも、どこに配属されるのかまったく未定なので、とっても不安。
そこに戻れるなら、フルタイムで働きますよ…喜んで!!
そして、おうちのことも必死のぱっちでやりますよ!

えーん、神様おねがい。
社畜の願いを叶えてくださいませ。



そのさん。
いままさにそこにある危機。

服問題。

わたし、なにを着ればいいんでしょうか…。
世間に取り残された感、満載。

そして、いま着ている服、全部サイズがぶかぶかなのさ。
約3年前から更新されていないから。
シルエットがおかしい、でも買いに行く心の余裕がありません。

去年、ネットで服は買わないというそれまでのわたしの信条を翻し、半ば博打感覚で買った、
hikeのカットソーと、ノースフェイスのタウンユーススカートのみがジャストサイズ。


もー、これを色ちがいで全部買えばいいのかな?!
みたいなところまで、追い詰められてます。


あと2週間で、できるだろうか?


以上現場からでした。

あー、このあいだの源氏物語新考察とかいう本、なんの新機軸もなく退屈だった。
おうちにあった文藝、よかったな。
おもしろい漫画がよみたい。
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-04-10 10:16 | Comments(0)

趣味。

f0069430_113451.jpg

自らと真逆の、とか無関係の雑誌を読むのが昔から好きで。


見知らぬさまざまな価値観は、とてもおもしろく
世の中が輝いて見えてきます。


自分だけが正しいとか世界の中心に在るとか思ってるひとは
自分から一番遠く感じるものをたまには読むといいんじゃないかなとおもうのですが
そういうひとは、まずそういうことしないな( ̄∇ ̄*)ゞ


ま、そんなことはともかく今月の白眉はこれ、
光文社の雑誌VERY 。


巻頭にある武田砂鉄というひとのエッセイをひとめ見て、
これだけでこの雑誌は「買い」だ!と思ったのですが
よくよく読めばさらに真打ち登場、
雑誌の後ろの方に小さい活字でびっしり埋まった植本一子というひとと武田砂鉄の対談が最高でした。


VERY 編集部には、確信犯がいる。
周りの記事との、この見事なコントラスト。
すごいな!



前にも確かVERY にはこういうことがあって、
巻頭にあったエッセイで、誰だか知らないライフスタイルコンサルタントみたいなひとが
「みんなが同じ服を着てる日本の女性たち、そろそろ自分らしいものを着ましょう」
みたいなことをハイソな感じで語ってたのですが
それに続くファッションページのスタイリングが大流行アイテムのオンパレードで。
ページをめくってもめくってもみんなが気持ちの悪いあの造語服、スカンツとかスカーチョを着てにっこりしているという悪夢のような構成。
おもしろくて最高でした。


今月も楽しかったなー。
だから雑誌読みはやめられないわ。
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-02-16 01:13 | Comments(0)

砂おろし

f0069430_2242587.jpg

節分。

最近は巻き寿司が流行りみたいですね。


実家を出るまで毎年節分には
ちらし寿司と、
一年間身体に溜まった砂をおろすという意味があるとされるもの、
さしみこんにゃくとほたるいか、わかめ、フリルレタス、ねぎ、くじらのさらし「おば雪」などを「砂おろし」と呼んで酢味噌につけて食べてました。



おば雪(と呼び名を記憶してますがあやふやです)は、もうずいぶん前からないのですが、片側に深い藍色の縁取りがある、白いレースみたいな見た目のもの。
面白い食べ物でした。


地域ごとにいろいろあるんだろうな、こういうハレの食べ物って。



今年のは、こんにゃくが激しくおいしかったです。
西武百貨店で売っていた、広島と山口のハイブリッドこんにゃく。

また買おう☆
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-02-04 22:42 | Comments(0)

38度線上のカルテット。

とりあえず、休戦したので荷をほどいてみました。


それにしても私物が少ないな、というのが今回の感想です。
ヤマトのかんたん引っ越しならいつでもいける。



そんなわけで心機一転、自分を暖めるためパジャマを買い換えました。
寒いとろくなことがないですから。
いつものツモリチサト。


近年遊び心のあるナイトウエアが少ないなーと思ってましたが、
(だからツモリをつい買ってしまう。ケイタマルヤマとか、もっと羽目はずしてはじければいいのに)
去年あたりからワコールはかわいいのが増えた!
春が楽しみです




それを着つつ、逃げ恥の後番組のカルテットをば観賞。

初回から思ってること。

エンディングの歌と映像、最高。
最高の離婚てドラマありましたよねー、
あの感じを思い出す、素敵に隠微な大人っぽさ。

そういえば、最高の離婚、最終回は仕事でみられなかった。
あのひとたち、どうなったんでしょう。

[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-01-31 23:12 | Comments(0)

引っ越し

漠然と、したいと思って荷物を整理というかまず捨ててるんですが。

家の面積に対して考えるとあんまり自分の荷物がないんだなーと改めて思いました。

家具だけがばかでかいのですが
そんな家具の中身もがらがらになりつつあり。
もっと捨てよう。


そんな捨て荷物から拾われたのが写真集「着倒れ方丈記」。


人生の全てをかけて自分の好きなブランドのお洋服を買っている普通のひとたちの、壮大な片思いの記録。


雑誌連載のときから読んでいましたが、やっぱり最高だったのは伊太利屋コレクターのおばさまだった。


これ、いま読んでもほんとに面白いなー。


持ってる本とか写真集ほぼほぼ全て捨てるつもりなんですけど、これは取っておこ。
[PR]
# by chibikuma2006 | 2017-01-22 12:01 | Comments(0)

買わずに後悔するくらいなら、買って後悔するのを選ぶ。使ってみなければ価値は分からないから。


by chibikuma2006
プロフィールを見る
画像一覧